ウォシュレット取り付け前に知っておきたい4つのポイント | ウォシュレットの取り付け・取り外し工事は「ウォシュレット取り付け屋さん」にお任せください!

ウォシュレット取り付け前に知っておきたい4つのポイント - ウォシュレットの取り付け・取り外し工事は「ウォシュレット取り付け屋さん」にお任せください!

ウォシュレット取り付け前に知っておきたい4つのポイント

ウォシュレットの取り付け・取り替え工事をお考えの方は、まず工事費はどれくらい掛かるのかが気になると思います。そこでウォシュレットの取り付け工事に掛かる平均的な費用と取り付け時間を調査致しました。
また、普通の方は失念しやすいウォシュレット取り付けに関する注意点を依頼する前に知って頂きたいと思い、4つのポイントで分かりやすく説明していこうと思います。

これだけは知っておきたい!ウォシュレット取り付けのポイントを4つ紹介

ポイント①:取り付けの費用

まず一般的なウォシュレットの取り付け・取り外し工事費を知る前に、一体何が工事費に含まれるのかを確認していきましょう。ウォシュレットの取り付け工事に掛かる費用は大きく分けて9つの費用が合わさった合計金額になります。9つの費用とは以下の通りです。

  • 出張費
  • 駐車場料金
  • ウォシュレットのタイプ(通常・オート洗浄・リモコン)
  • 配管交換工事費
  • 止水栓交換工事費
  • 衛生費
  • 廃材破棄費
  • 消費税
  • その他

この9つがウォシュレットの取り付け工事費用の内訳になります。取り付ける場所や環境によって変わりますが、一般的な取り付け金額は7千~2万円以内の間と言われています。
ですが、気をつけておきたい点は「その他」の部分です。この「その他」の費用は何が掛かってくるかというと、主に設置するトイレ内のコンセント交換等の追加工事です。ウォシュレットが取り付けられるように環境整備をする為、取り付け工事費が追加されることもあります。

勿論追加工事が必要な時は、工事前の下見の際にきちんとした説明・追加工事費が提示されますのでご安心下さい。
また、お問い合わせの際に工事費についてご質問がありましたら、問い合わせフォームの備考欄にご記入頂くと担当者から詳しい説明を聞くことが出来ます。
問い合わせフォームについては、下のボタンからお問い合わせの方法について説明しているページに行けますのでご確認ください。

まずはこちらからご相談下さい

ポイント②:取り付けに掛かる時間

ウォシュレットの取り付け・取り外し工事時間は平均で30分~2時間の予定です。これは取り付けるウォシュレットのタイプに寄って変動するのですが、例えば壁にウォシュレットのリモコンを取り付ける際には壁の状態を見て工事が可能か判断するところから始まるので時間がかかってしまいます。
そして追加工事が必要な際も同様で、工事内容によっては便器本体や床や壁の施工が入る場合があるため、日を分けて工事を行う場合があります

ウォシュレットの取り付けに掛かる時間は、ウォシュレットのタイプや取り付けるトイレの環境で大抵の時間は算出できますので、お問い合わせの際に詳しい状況を担当者にお伝え頂ければと思います。

ポイント③:取り付けるトイレのサイズ

ウォシュレット取り付け屋さん:「ウォシュレット取り付けに知っておきたい事」便器のサイズ画像1(イメージ)

ウォシュレットを取り付ける前にご確認して頂きたいのが、取り付ける便器のサイズです。便器のサイズには大きく分けて2通りのサイズがあり、エロンゲート(大型)サイズレギュラー(普通)サイズの便器があります。
同じように便器に取り付ける便座にも2通りの大きさが存在しており、サイズがあっていないと取り付けた際に使いにくい状態になってしまいます。

ウォシュレット取り付け屋さん:「ウォシュレット取り付けに知っておきたい事」便器のサイズ画像2(イメージ)

近年では2つのサイズに対応した兼用サイズの便座が登場しました。しかし、この兼用サイズは専用サイズに比べると多少のズレが生じます。ウォシュレットを取り付ける際には、便座取り付け穴の寸法とタンクまでの距離を合わせてご確認下さい。
サイズについて分からないことがあればお問い合わせの際にご質問して頂くと担当者から分かりやすい説明をさせて頂きます。

ポイント④:ウォシュレットの処分は?

もしも引っ越しや故障等の理由でウォシュレットを取り外した後、気をつけて頂きたいのはウォシュレットの処分方法です。近年のウォシュレットは掃除がしやすいように取り外しが簡単に出来るモデルが複数あります。
なので取扱説明書を見て頂ければ便座の取り外しは可能だと思われます。しかし取り外しの際に水漏れなどの可能性も皆無ではありませんので、心配であれば取り外しだけでもお問い合わせは可能です。

それではウォシュレットを外した後の処分方法ですが、数百円で粗大ゴミとして処分することを強くオススメします。燃えないゴミとして出すためにはウォシュレットをハンマーなどの工具で粉々にする必要があるのですが、破片が飛んでけがをしたりご近所迷惑になってしまうのでなるべく避けましょう。
また、破損していたり割れている際には『破損注意』の貼り紙を貼っておきましょう。ゴミを収集する方がけがをしない為にもご協力を宜しくお願い致します。

上記で書いた方法はお客様個人で処分する際の方法ですが、取り外しと処分は業者でも承っています。取り付け工事よりも格安で行っていますので是非お問い合わせください。

ウォシュレット取り付け屋さん:ウォシュレット取り付け屋さんサービス一覧の画像

『ウォシュレット取り付け屋さん』はウォシュレット取り付けを専門で行っているサービスです。

『ウォシュレット取り付け屋さん』はウォシュレット取り付けを専門で行っているサービスです。
ウォシュレットの取り付けのご相談は『ウォシュレット取り付け屋さん』にお任せください!!

メーカー毎のウォシュレット製品の詳細はこちら


ウォシュレットの取り付けに関するご相談はこちらから

ウォシュレットの取り付けに関するご相談はこちらから承っています。お気軽にご連絡ください。

まずはこちらからご相談下さい