トイレ操作の絵文字が統一!TOTO、LIXIL、Panasonicが団結 | ウォシュレットの取り付け・取り外し工事は「ウォシュレット取り付け屋さん」にお任せください!

トイレ操作の絵文字が統一!TOTO、LIXIL、Panasonicが団結 - ウォシュレットの取り付け・取り外し工事は「ウォシュレット取り付け屋さん」にお任せください!

トイレ操作の絵文字が統一!TOTO、LIXIL、Panasonicが団結

ウォシュレットは日本だけが主流になっており、外国ではごく一部の所にしかないことは以前の記事にも書きました。そしてウォシュレットを体験した海外の反応も記事として取り扱いました。
トイレ大国と呼ばれるほどトイレの文化が発展している日本ですが、海外からは称賛が送られる反面クレームも届いていたようです。クレーム内容の主となっているのが「トイレごとに絵が違って使い方が分からない」「日本語表示だけで困った」というものでした。

ウォシュレットの使い方に慣れない外国人の方にも合わせなければいけない……ということで、ウォシュレット、シャワートイレ、ビューティー・トワレを取り扱う各企業がバラバラだった表示を揃える方針を出しました。

TOTO、LIXIL、Panasonicが温水洗浄便座に使われている表示を揃える

訪日観光客に利用しやすい作りに。日本の「おもてなし」をトイレにも

ウォシュレット取り付け屋さん:「トイレ操作の絵文字が統一!TOTO、LIXIL、Panasonicが団結」TOTOの画像

TOTOやLIXILなど水回りの住宅設備メーカー9社は17日、トイレの操作パネルのピクトグラム(絵記号)を統一すると発表した。訪日外国人が増加しているが、温水洗浄便座などの使い方が「わかりにくい」との声が出ていた。各社でばらばらだった表示をそろえて、初めて使う外国人でも利用しやすくする。
TOTOの喜多村社長は「操作のわかりにくさで体験する機会を失っている外国人客がいるとしたら大変残念。10年、20年かけて当たり前の記号として浸透させていきたい」と話した。

引用元:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17HGO_X10C17A1000000/

企業でマークやシンボルを合わせる、というのは大変なことです。それを3社が合同して行うという事は、来る未来の東京オリンピックに合わせて訪日客に合わせたものなのかもしれません。
これで海外の方が使いやすくなるのであればこれからも合同で改良して頂きたいと思っています。

逆に今までの表示に慣れてしまって新しい表示では見辛いという方もいるかもしれません。そういう方も視野に入れ、一目見て分かるデザインに改良されているのでご安心ください。
これからのウォシュレット業界がもっと活気づくことを祈りつつ、これからも弊社はウォシュレット専門のスペシャリストとして誇りをもって働いていきます。

ウォシュレット取り付け屋さん:ウォシュレット取り付け屋さんサービス一覧の画像

『ウォシュレット取り付け屋さん』はウォシュレット取り付けを専門で行っているサービスです。

『ウォシュレット取り付け屋さん』はウォシュレット取り付けを専門で行っているサービスです。
ウォシュレットの取り付けのご相談は『ウォシュレット取り付け屋さん』にお任せください!!

メーカー毎のウォシュレット製品の詳細はこちら


ウォシュレットの取り付けに関するご相談はこちらから

ウォシュレットの取り付けに関するご相談はこちらから承っています。お気軽にご連絡ください。

ウォシュレットの事で相談してみる

Pocket

トイレ操作の絵文字が統一!TOTO、LIXIL、Panasonicが団結 へのコメント

他の記事へ